本文へスキップ

どんな理由で歯科医院へと足を運ぶのか、それは大方の予想通りです。

歯科医院へ通院

美人歯科助手

歯科医院に通院する理由/美人歯科助手

男性が歯科医院を探すとき基準にするのは、美人の歯科助手さんがいるかどうか、 その一点に尽きるでしょう。 恐い思いや痛い思いをしてまで歯医者さんに通院するのですから、ささやかな愉しみ としてそれくらいの下心は当然許されるべきです。 歯科医院での自慢話で語られることも多い話題に、歯科助手さんの胸部が顔に押し付け られて窒息しそうになったというのが良くありますが、これはフィクションではなく 本当によくあるささやかな出来事なのです。 もちろんそのことで追加料金が発生することもなく通常の治療費しか請求されない ので、どの歯科医院に通院するのか迷ったときはたいてい美人歯科助手がいるとの 噂が決定打になりますが、いきすぎた男性の中にはそんな噂を耳にするとどこにも虫歯 なんかないのにとりあえずその歯科医院へ行ってしまうほどです。


虫歯がなくても

歯の調子が絶好調でピカピカ、ぐらついてもいなければ抜けそうもなく、痛い歯も なければ虫歯も一本もなく、入れ歯やインプランドやブリッジも使ってないししばらく は使う必要もなさそうだけれど、どうしてもあの歯医者さんに行きたいと考えてしまう ことが誰にだってあります。 「あの歯科は先生も助手も凄くいいらしいてすよ」と後輩に教えてもらったり、 「あそこの病院で溺れそうになっちゃったよ」と遊び人の先輩に教わったりした時に 「よし自分も今すぐ行ってみよう!」となるのは男性なら当然のことです。 虫歯がズキズキ痛んで仕方なく歯科医院の待合室で順番待ちをしている人には申し訳 ないと思いながら、そんな理由で歯医者さんへ行こうと考える人もいるのです。 歯医者へ行く理由は本当に人それぞれなのです。


女性の患者でも

男性の中には美人の歯科助手目当てで通院する患者さんも少なからずいるのですが、 では女性の患者さんの場合はどうなのでしょうか。 同じようにダンディーな男性の歯科医師を目当てに、お昼過ぎから通院するマダムも 都心部にはなかなかの数がいるようです。 病院がお年寄りの集会所になるように、身体のどこにも悪い部分が無くともこれから なにかあるかもしれないから予防の意味も兼ねて診療してもらおうとする行為なら、 病院側も健康な人の来院を受け入れてくれます。 そうした人の中にはとりあえず本格的な治療をするわけでもないし、医師の腕よりも 楽しい時間を過ごさせてくれることを優先する方もおり、そんなマダムに人気なのが 愉快なトークをしてくれたり渋い歯科医師になるのです。 凄腕の先生にもなればきっと一日中健康なマダムのお相手だけをして診療時間が終了 するほど熱烈に求められているのでしょう。